人

EDの原因

日本でのED患者数は増加傾向にあります。

また、EDの若年齢化も進んでおり、
一昔前までは年配の男性がなるものとして考えられていましたが、
今では20代、30代の比較的若い男性のED発症も珍しくありません。

EDの若年齢化の原因は、生活習慣の悪化が考えられます。

食生活の乱れはほとんどの現代人に見られます。
摂取する栄養素が偏っていると、純粋に疲れが取れにくくなり、
自然に精力も減退して行きます。

次に喫煙も代表的な原因の一つです。
喫煙は身体に毒と言われるように、吸い込むことで毎回身体が拒絶反応を示し、
毒を全身に巡らせないように、血管を収縮させます。
その結果血流が悪くなるのですが、
ペニスの内部に血液が充満して勃起が起こるので、
血流が悪くなることは、直接的に勃起の妨げになるのです。

また、イスに座り続けるワークスタイルも、血液の流れを著しく滞らせますので、
EDの原因になるのです。
このような作業を続けている人は、定期的に起ちあがり屈伸運動をするなどして、
全身に血液を巡らせましょう。

また、心因的な事柄が原因でのED発症も考えられます。
自分に自信が無かったり、過去のトラウマなど、
このような精神的なものが原因の場合、市販の精力剤は効果がありません。
精神科での治療を受けるか、安定剤を服用するなど、
また肉体的なEDとは違う治療が必要になります。

新着情報
top
bottom
ED治療一覧
top
bottom
リンク一覧
clear